このような「日々の生まれ変わり」によって皮は若々しい状態を保持しています。

顔などのたるみは不必要な老廃物や脂肪が溜まることにより徐々に進行します。

リンパの循環が遅くなると色々な老廃物が溜まり、むくみが発生したり、脂肪が付きやすくなり、たるみの原因になります。

美容外科で手術をおこなうことに対して、恥という感情を持つ患者さんも結構多いので、施術を受けた人のプライドやプライバシーを損ねないような注意が特に必要だといえる。
現代社会に生きる身としては、人の体内には体に悪影響を与えるという化学物質が取り込まれ、そして己の体内でも老化を促す活性酸素などが次々と生成されていると言い伝えられているようだ。
細胞分裂を促して、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の仕事などの活動している時には出ず、夜にゆっくり体を休め安らかな状態で出始めます。

なおかつ、皮膚のたるみに大きく影響するのが表情筋。
これは色んな表情を作っている顔にある筋肉です。

皮膚のコラーゲンと同じように、表情筋の力も年齢を重ねるにつれて衰えます。

メイクアップでは傷などを隠す行為に専念するのではなく、リハビリメイクを通して結果的に患者さんが自分の容姿を受容することができ、復職など社会生活への再出発を果たすこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることが目標です。

メイクアップの利点:外見が美しくなる。
メイクもマナーのひとつ。
実際の年齢より年上に見られる(あくまで24才以下に限った話です)。
自分のイメージを多種多様に変化させられる